VOICE 02

高野李彩

新卒入社2年目
関東勤務

入社1年目から、自分のアイデアを組み込んで
全く新しいものを開発していく仕事に携わりました

INTERVIEW
01

ハイベックへの入社動機は?

大学時代に農学部で農業機械の研究をしていたのですが、 HIVECでは自動車の設計開発以外にも農業機械や電車など自動車以外の設計もできるという事を知り、魅力に感じました。 技術系職種は院卒でないとダメだと思って、初めは選択肢に入れていなかったのですが、 研修が充実しており未経験でも一から教えて頂けるため、 ここでなら安心して仕事をしながら技術力を高められそうと思い入社しました。

INTERVIEW
02

どんな仕事をしていますか?

某自動車メーカーにて、トラックの新モデル開発をしています。 主な業務は、形状を作りこんで評価にまわす前段階の、部品の検討です。 現在走っている車に対して強度などの目標値が設定されている為、それに対してこの形状で大丈夫か、 水が入らないかなどを検討してデータを作り、それを次の評価にまわすという流れになります。 現行のボディをさらに性能改善するために、どんな構造にするか、どういう板の組み合わせにするか、 板の厚さをどうするか、という事などを検討していきます。 そして、作成した部品を、サプライヤーに作ってもらう為に図面を作ります。その他、 作った部品データで簡単な解析を行い、この形状だとこのような解析結果になるから、 こう設計するというような、解析業務もあります。 知識・経験も浅い為、先輩に教えてもらいながら、仕事を進めています。 自分のアイデアを組み込んで全く新しいものを考えて形にするという段階なので、とても面白くやりがいを感じます。

INTERVIEW
03

入社後はどんな研修を受けましたか?

入社し3か月間は、広島本社で自動車設計に関する知識をしっかり教えてもらいます。 初めの1カ月間は機械製図の授業で、図面の書き方や寸法の入れ方など製図の練習をしたり、 平面から3Dを想像して描く練習もします。2カ月目からは、CADの練習や、 専門技術教育として板金・樹脂・衝突安全・法規など様々な領域について学び、 工場見学などもします。広く浅く基礎知識を得る事が出来る為、実際に職場配属されてから、 関わるプロジェクトについて深く学んでいく事になります。 入社前は自動車の設計・開発という仕事のイメージが全くつかず、とても難しいと思っていましたが、 入社後に研修を受け、わからない事はいつでも聞ける環境だった為、思っていたよりもとっつきやすいと思いました。

INTERVIEW
04

今後、どんな仕事に挑戦してみたいですか?

3年以内には、一つの部品に関して先輩の助けなしに、最初から考えるべき事を検討して、 検討から形状に反映するところまでをやってみたいです。そのためには、他の車の性能を全て調べて、 それより優るものを作っていかねばなりません。また、5~10年後までには、 外装も内装も含めて様々な部位の設計を経験し、 その経験をもって幅広い視野で設計に携わっていられる技術者でありたいです。

INTERVIEW
05

HIVECの良いところは?

やはり、自動車設計開発そのものに携われることが一番の魅力だと思います。 加えて、自動車以外の電車や農業機械の設計開発にも携われる為、技術者として幅広く知識・スキルの向上が実現できます。 新入社員教育がしっかりしていて安心して働き始められ、職場も雰囲気が良くて人に恵まれているなと思います。 また、長期休暇も多く、有給が取りやすい所もありがたいです。 私は昨年、有給を9割以上消化したんです!自分の生活に合った働き方ができますし、 将来結婚しても長く働き続けたいと思っています。

佐藤友子
高野李彩
新卒入社2年目
関東勤務
トラックのキャブボディ設計・開発

HIVECに入社して身に付いた能力

大学の時は授業を受けて課題を出すという受け身な事が多かったのですが、 社会人になると自分から教えてもらいに行かないといけないですから、教えてもらいたい事を整理して聞きに行って、 教えてもらった事をさらに自分で調べるなど、積極的に学ぶようになりました。 本や研修資料や教科書を読んで勉強したり、ネットでいろいろな情報を調べたりしています。 その時に知った事は後の自分の為にレポートにまとめます。 こういう時はこのように設計しなくてはいけないという事をまとめています。 また、仕事を通じて、図面も描けるようになり、解析をまわしたり、3Dモデリングもできるようになりました。